がんもどき

  • 0 of 5
  • 分量: ~ 4人前

たとえば以下の製品で作れます:

【醤油ソムリエル黒島慶子 レシピのショートストーリー】

今回のレシピに登場する淡口醤油。京都の精進料理や懐石料理とともに確立した醤油で、お出汁を使う料理にぴったりです。煮炊きに使うとお野菜が色鮮やかに仕上がり、かつおや昆布の香りが生き、食材が持つ繊細な甘みや旨みが引き立ちます。

買うことが多い「がんもどき」も、じぶんで作ったできたては、カリッ!ふわっ!と格別の美味しさ。彩りを想像しながら家にあるいろんな食材を使ってみてください。

大きいものはチョッパー/フードプロセッサーで刻み、ハンドブレンダーでふんわりと練るだけで簡単にがんもどきができますよ。

材料

がんもどき用 (約20個分)

  • 木綿豆腐 2丁(350g×2)
  • 山芋 100g
  • 枝豆 25g(可食部)
    ※緑の彩りのため、さやえんどうなどでも可。
  • にんじん 50g(約中1/4本)
  • ごぼう 50g
  • 乾燥ひじき 5g
  • 卵 1個
  • 塩 ひとつまみ
  • 淡口醤油(なければ濃口でも可) 小さじ2   
  • 揚げ油 適量


あんかけ用

  • 水 200mL
  • 片栗粉 大さじ2
  • 淡口醤油 大さじ2
  • 本みりん 大さじ2
  • 酒 大さじ
  • 生姜 5g

作り方

淡醤油

(約20個分)

作り方

  1. 木綿豆腐をふきんに包み、上にバットなどを置いて水抜きをする。

  2. 水切りした豆腐をボールに入れハンドブレンダーでペーストにし、細かく切った山芋、卵、塩、醤油を入れ、ハンドブレンダーでさらになめらかにする。

  3. 人参、牛蒡をチョッパー/フードプロセッサーで細かくする。

  4. 2)と3)、水洗いしたひじき(野菜や豆腐の水分で戻るので水で戻す必要なし)と枝豆を混ぜる。

  5. バットに油を塗り、4を丸めたら上からそっと押して平たくして並べる。

  6. 鍋に揚げ油を入れ、外側がきつね色になるまで揚げる。

  7. あんかけ用の水を小鍋で温め、醤油、みりん、酒を加え、最後に溶き片栗粉を入れる。

  8. とろみが出たら火を消す。

  9. 揚げたてのがんもどきにあんをかけ、擦った生姜を添える。
    ※揚げてから時間が経った場合は、トースターで焼くと美味しくいただけます。

投稿されたコメント

評価