STEP1:初めての離乳食(生後5ヵ月~6ヵ月)

Baby food

初めての離乳食には、ピューレが最適です。マルチクイックを使えば、野菜やフルーツ、ごはんを使って簡単にきめ細やかなピューレをつくることができます。 最初は高速回転モードにして、とろとろの状態に仕上げてください。赤ちゃんは特にバナナが大好きです。水、母乳または粉ミルクを混ぜて、程よい柔らかさ にしてください。

離乳を始める時期を確認するには

母乳でもミルクでも生後6ヵ月ごろまでに必要な栄養がたくさん入っています。母乳にはお母さんの抗体も含まれているので、感染症から赤ちゃんを守る役割もあります。また、母乳は子宮の戻りを早くし、産後の体型回復に役立ちます。 生後5〜6ヵ月頃になったら、そろそろ離乳食の始まりですが、今までどおり母乳やミルクをあげても構いません。
離乳食を始める時期はそれぞれ異なります。周囲の意見などを聞いて焦ることはなく、お子さんとお母さんの体調に応じて始めてください。また体調が悪い場合などには離乳食をお休みして、母乳やミルクだけにしても問題はありません。焦らずゆっくり始めましょう。

離乳開始のめやす

  • 首がしっかりすわって、支えると座れる
  • お父さんやお母さんが食べているものを、じっと見つめる。
  • よだれが多くなってきた。
  • 母乳やミルクを欲しがるペースが1日の中で安定してきた。

※乳児が離乳食を食べられるようになる時期には個人差があります。疑問や不明な点がある場合は、いつでもかかりつけの小児科医に尋ねるようにしてください。

  • STEP2:次のステップへ

    次のステップへ(生後7ヵ月~8ヵ月)

    月齢の目安: 7ヵ月から8ヵ月くらいまで - 必要な栄養素: いつもの母乳・ミルクに加えて、おかゆ、ピューレ状にした野菜、フルーツ、細かいピューレ状の肉や豆、柔らかいパスタなどを与えます。

    次のステップへ(生後7ヵ月~8ヵ月)

  • STEP3:新しい味にチャレンジ

    新しい味にチャレンジ(生後9ヵ月~11ヵ月)

    月齢の目安: 9ヵ月から11ヵ月くらいまで - 必要な栄養素: 母乳・ミルクの量を減らし、ピューレをこれまでよりも粗めにします。小さく切ったものや、一口サイズの食事を増やしていきます。

    新しい味にチャレンジ(生後9ヵ月~11ヵ月)

  • STEP4:幼児の間食

    幼児の間食(生後12ヵ月~18ヵ月)

    月齢の目安: 12ヵ月から18ヵ月くらいまで - 必要な栄養素:食べられるものが増えてきます。家族と同じものがたくさん食べられるようになります。

    幼児の間食(生後12ヵ月~18ヵ月)

  • STEP5:成長のためのエネルギー

    成長のためのエネルギー(乳幼児)

    月齢の目安: 乳幼児 - 必要な栄養素: 家族と同じものが食べられるようになります。

    成長のためのエネルギー(乳幼児)