離乳食・幼児食の食べさせ方

離乳期から良い食習慣を身につけるためのコツを紹介します。

離乳を始める時期

お子さんの発育はそれぞれです。生後5〜6ヵ月になり、下記のような様子がみられるようになったら、そろそろ離乳食スタートの時期です。

  • 首がしっかりすわって、支えると座れる。
  • お母さんやお父さんが食べているものを、じっと見つめる。
  • よだれが多くなってきた。
  • 母乳やミルクを欲しがるペースが1日の中で安定してきた。
    これらのサインがみられたらゆっくり焦らず、気候や赤ちゃんの体調のよい日に始めてみましょう。

離乳の開始

ごく少量の材料をなめらかなピューレ状にし、汁気のものと混ぜてとろりと仕上げます(ブラウン・マルチクイックでよく混ぜて、母乳か粉ミルクで薄めます)。最初はスプーンの先に少しだけつけて与え、まず口の中に食べ物がある感覚に慣れさせることから始めます。赤ちゃんはそれまでに、液体しか口にしたことがないのですから、最初のうちは1日にティースプーン1、2杯程度で充分です。

最初は一種類の材料(ピューレ状にして母乳または粉ミルクと混ぜたもの)だけを与え、その後、少しずついろいろな材料を混ぜてつくるように。離乳食は赤ちゃんにとって未知のものですので、最初はあまり興味がなさそうにしていても毎日続けてみてください。決まった食べ物を嫌がる場合は、何日か間隔をあけてもう一度試してみましょう。

赤ちゃんに食べ物のおいしさを教えるには、離乳期のうちに、いろいろな食べ物をできたての状態で食べさせてあげることが一番です。ミルクから離乳食に移行するこの時期は、赤ちゃんが今まで知らなかった味や食感を受け入れ始め、おいしさを理解する時期です。このとき培われた嗜好は大人になっても残るといわれています。

また赤ちゃんは、お座りができるようになると、お母さんやお父さんが食事をする様子をじっと見つめるようになり、食べることの楽しさを学びます。赤ちゃんに安全な食べ物とは何かということを教えるためには、お母さんとお父さんが普段から健康的な食生活を心がけること。また食事の楽しさを赤ちゃんに語りかけてあげることも効果的です。

Baby and spoon少しずつ慣れたら

母乳や粉ミルクの混ぜる量を少しずつ減らし、マルチクイックを使ってピューレの固さを増すようにします。最初は2、3種類の離乳食を与えて様子をみて、その後少しずつ別の味にも慣れさせるようにしましょう。

ただし、赤ちゃんが嫌がった場合は決して無理強いしないでください。あくまでも赤ちゃんのペースに合わせて離乳を進めることが肝心です。赤ちゃんが離乳食に慣れてきたら、回数を日に2度、3度と増やしていきます。

ひとり食べ

生後7~8ヵ月くらいになって食べ物を手づかみできるようになれば、つぶしたバナナや煮たリンゴなどの柔らかいものでひとり食べの練習を始めてもよいでしょう。また、赤ちゃんがひとりで食べたそうな素振りを見せれば、お母さんがスプーンで食べさせる間、別のスプーンを手に持たせます。食卓が食べ散らかしで大変なことになってしまいますが、これも食べ物と食べ方について学習するための大切なステップです。

9ヵ月頃から飲み物を蓋付きのカップに入れて飲ませましょう。食事の準備をすべて整えてから赤ちゃん用のチェアに座らせるようにすると、食事中に慌てずにすみます。

18ヵ月以降の幼児期には

5歳未満の子どもにナッツ類を丸ごと与えてはいけません。ブドウやプチトマトなども小さくカットして、子どもが喉に詰まらせないようにしてください。幼児が決まった食べ物しか口にしない状態がしばらく続くことがありますが、時期がくれば何の問題もなく元に戻ることが多いようです。また、好き嫌いの多い幼児の場合、同年代の幼児や年上の子どもと一緒に食事をさせれば、初めての食べ物でも口にしてくれることがよくあります。

幼児が食べる量は毎日一定ではありません。食べないからといって親が心配しすぎると、その心配が子どもに伝わって、食が細くなることがあります。食べ物で子どもを釣るようなことはやめてください。例えば「これを食べたら、あれを食べてもいいわよ」などという言い方をすると、食べ物には良いものと悪いものがあるのだという思い込みを子どもに与えてしまいます。

水分の必要量

6ヵ月未満の乳児
離乳を始めたばかりの段階では、赤ちゃんは母乳や離乳食から必要な水分を摂ります。粉ミルクで育てている赤ちゃんの場合は、暑い日にはいつもより少し多めに湯ざましを与えるようにしてください。

7~12ヵ月の乳児
離乳が進むと、食べ物に含まれる水分が少なくなるので、食事のときに少し多めに水を飲ませてください。

12ヵ月以上の乳幼児
虫歯になる心配のない牛乳や水を中心に、毎日カップ6~8杯分の水分をあげましょう。ジュースや甘いスカッシュ、炭酸飲料などは満腹感を与えてしまい、食べる量が減る原因になるので、制限してください。


※ 乳児が離乳食を食べられるようになる時期には個人差があります。疑問や不明な点がある場合は、いつでもかかりつけの小児科医に尋ねるようにしてください。