1. ピューレを手作りするためには特別な調理器具が必要ですか。

    マルチクイックがあれば、どのようなピューレでも簡単に手づくりすることができます。特に離乳の初期段階では、固まりのある離乳食を与えると、喉を詰まらせる恐れもあるので、固まりのないなめらかなピューレをつくることが必要です。離乳食の中に少しでも固まりがあると、赤ちゃんは上手に食べることができません。

    赤ちゃんがだんだん離乳食に慣れてきて、ある程度歯ごたえのある食事が食べられるようになれば、マルチクイックでつくった粗めのピューレや粗くマッシュした離乳食を与えるとよいでしょう。

  2. 乳製品はいつから与えることができますか。

    乳製品は、6ヵ月齢くらいから与えることができます。最初はヨーグルトやバター、カッテージチーズなどの柔らかいものを少量離乳食に加えます。ただし少なくとも1歳になるまでは、牛乳を飲ませたり、母乳の代わりに牛乳を与えたりすることは避けてください。

  3. 野菜をブーッと口からだしますが、嫌いなのでしょうか。

    ちょうどおしゃべりが大好きな時。口の振動や動きを楽しんでいるだけで、ブーッと口からだしても嫌いなわけではないでしょう。大人が反応するとますます楽しくなったりしますので、連続して口から出すこともありますが、これは赤ちゃんのおしゃべり。笑顔で冷静に見守りましょう。たまに、野菜の繊維が食べられずベーっと吐き出すことがあります。そのような場合はもう少し細かく切り、とろみをつけてあげると食べやすくなりますよ。