授乳期のお母さんのための食事

授乳期の母親のための食事

母乳で赤ちゃんを育てる場合は、お母さんの食事にも配慮が必要になります。以下に挙げる食品を賢く選択して、必ずそれぞれの食品群から栄養を摂ってください。

授乳期の食べ物

授乳期の食事だからといって、特別な決まりがあるわけではありません。妊娠期と同じように、健康的な食事を心がけてください。

  • 新鮮な野菜とフルーツをたっぷり摂ってください。1日に5種類以上の野菜とフルーツを摂ることを目指しましょう。
  • ごはん、パン、パスタ、じゃがいも、シリアルなどのでんぷん質の食品は、母体に必要なエネルギーを供給してくれます。空腹時には、カロリーばかり高くてその他の栄養はほとんど含まない高脂肪・高糖分のスナックではなく、でんぷん質の食品を食べるようにしてください
  • 赤身の肉、鶏肉、卵、豆類などのたんぱく源も大切です。1週間に2回は魚(白身魚とマグロやサバなどの高脂肪分魚を1回ずつ)を食べるようにしてください。
  • 牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品は良質のたんぱく源であり、カルシウムも豊富に含んでいます。
  • 繊維をたっぷり摂ることも必要です。前述のでんぷん質の食品は、穀類繊維を多く含んでいます。フルーツ、野菜、豆類(大豆、エンドウ豆、インゲン豆)も繊維の供給源となります。
  • キャベツやごぼうなど野菜の繊維を摂りましょう。野菜に含まれる繊維は、産後の大きな悩みである便秘の解消に役立ちます。

授乳期の飲み物

一般的に1日に必要な水分量はコップ6~8杯分ですが、授乳期にはそれを上回る10~12杯分の水分を摂るようにしてください。

授乳する前に、水、牛乳、または砂糖を加えていないフルーツジュースなどドリンクの入ったコップを横に置いておくと、いつでも補給できます。水分を多く摂ると、食物繊維の働きが良くなるので、便秘の解消にも効果があります。

授乳期に食べてはいけない食品

授乳後に赤ちゃんの不快な様子を感じたときは、食事の内容を見直して、疑わしい食品は避けるようにした方が良いでしょう。脂の多い魚はオメガ3脂肪酸を多く含んでいますが、食べるのは1週間に2回までにおさえておいた方が良いでしょう。具体的には新鮮なマグロ、サバ、イワシ、マスなどが挙げられますが、缶詰のマグロ(ツナ缶)は何度食べても大丈夫です。

アルコールやカフェインはできるだけ控えるようにしてください。母親がコーヒー、茶、チョコレートなどカフェイン入りのものを口にすると、それが母乳に出て、赤ちゃんが眠れなくなることがあります。またソフトドリンクや栄養ドリンク、風邪薬などにもカフェインが含まれる場合がありますので、注意書きを必ずよく読んでください。

授乳期のダイエット

授乳期間のダイエットはお勧めできません。エネルギーを維持し、充分な量の母乳をつくるために、普段よりも多くのカロリーが必要になります。授乳期間中、健康的でバランスの良い食事を心がけ、毎日適度に運動し、砂糖やアルコールを控えるようにすると、体重は自然に落ちていくでしょう。また、母乳で赤ちゃんを育てると、妊娠中に蓄えられた余分な脂肪が母乳に回るために、体型の戻りが早まることもありますよ。

離乳食の進めかたのアドバイス管理栄養士・川口由美子先生のアドバイス

ご自身も二人の子どもの母親でもある管理栄養士の川口先生が、乳幼児の栄養について解説し、離乳食の進め方についてお母さんたちにアドバイスします。

赤ちゃんのために手づくり離乳食を赤ちゃんのために手づくり離乳食を

赤ちゃんにとっての最初の栄養食は、手づくりの離乳食が理想的ですね。

そろえておきたい食事グッズそろえておきたい食事グッズ

栄養に富んだ離乳食・幼児食を手早くつくって食べさせるための、お役立ちグッズを紹介します。

基本的な食品群基本的な食品群

赤ちゃんにとって望ましい食品の組み合わせをご紹介します。

必須ビタミンとミネラル必須ビタミンとミネラル

乳幼児の健康に欠かせないビタミンについて解説します。

離乳食の保存法離乳食の保存法

発育に必要な栄養を逃がさない調理のコツと、離乳食の保存法を紹介します。

お出かけのときの離乳食お出かけのときの離乳食

乳幼児を連れて長時間お出かけするときには、健康的な間食を持参することをお勧めします。

お出かけのときの離乳食子どもと楽しむクッキング

子どもたちは料理のお手伝いが大好きです。子どもと一緒にクッキングを楽しむためのコツをご紹介します。

お出かけのときの離乳食役立つリンク集

困ったときの連絡先や幼児の栄養について解説したサイトなど、役に立つサイトを集めました。