;

健康にスピードを。

調理をスピーディにこなすパワフルモーターで皮ごと入れてもなめらかな口当たり。

食材の栄養、まるごと食す。

ハンドブレンダーとは思えないパワー!

ブラウン マルチクイックなら
パワフルモーターと独自のベル型シャフトが
しっかり食材を巻き込むから仕上がりが均一に。
あっという間に料理が完成します。

 

 

 

 

片づけ、洗い物が面倒 結局続かない ……

 

ブラウン マルチクイックなら
お手入れもカンタン!
専用計量カップに洗剤とぬるま湯を入れて10~20秒スイッチを入れるだけ。
(食洗機も使用可)

 

 

スマートスピードなら、さらにおいしく、健康に。

スマートスピードは、自分の手の感覚でスピードをコントロールできます。食材のつぶし具合を感じながら、パワーを自由に変えられる革新的機能です。従来の製品ではできなかった、繊細な調理が可能です。

 

 まずは軽く握ってみてください。そこから少しずつ強く握ってみましょう。

おいしさの理由 五感を使って料理、きめ細やかな調整ができるから自分好みの食感に。

健康の理由 パワフルモーターを最大限に活かすので、皮までなめらか食材の栄養をまるごといただけます。

 

皮や種には栄養がいっぱい!

 

 

みかん

皮ごと食べれば、風邪予防に効果があるとされている
ヘスペリジンが
約654%UP!
スマートスピードなら
1個まるごと液状にするのに約13秒!

まるごと健康レシピはコチラへ

みかんと生姜のスムージー
みかんと生姜のスムージー
※ ヘタを切り取ったみかんと水200mLを専用計量カップに入れて、マルチクイック (MQ775) でつぶした場合。
※ 試験成績書発行番号 第13118689001-01号

 

キウイ

皮ごと食べれば、美肌効果があるとされている
ビタミンCが約18%UP!
スマートスピードなら
1個まるごと液状にするのに約6秒!

まるごと健康レシピはコチラへ

キウイとブルーベリーのスムージー
キウイとブルーベリーのスムージー
※ ヘタを切り取ったキウイを水100mLを専用計量カップに入れて、マルチクイック(MQ775) でつぶした場合。
※ 試験成績書発行番号 第13114746001-01号

 

 

 

かぼちゃ

まるごと食べれば、アンチエイジング効果があるとされている
β-カロテンが約43%UP!
スマートスピードなら
皮・種・綿ごと液状にするのに約30秒!

まるごと健康レシピはコチラへ

かぼちゃのポタージュ
かぼちゃのポタージュ
※ 700Wレンジで4分間温めたカボチャ約1/16個と水200mLを専用計量カップに入れて、マルチクイック(MQ775) でつぶした場合。
※ 試験成績書発行番号 第13114746002-01号

 

 

 

れんこん

皮ごと食べれば、生活習慣病予防に効果があるとされている
タンニンが約16%UP!
スマートスピードなら
皮ごと液状にするのに約29秒

まるごと健康レシピはコチラへ

れんこんの和風ポタージュ
れんこんの和風ポタージュ
※ 直径約6cm、厚み約1cmの輪切りにしたれんこんと水200mLを専用計量カップに入れて、マルチクイック (MQ775) でつぶした場合。
※ 試験成績書発行番号 第13118689002-01号

※試験依頼先: 一般財団法人日本食品分析センター
※%換算、作図は当社で行っています。


「野菜・果物をまるごといただくことで、今話題のファイトケミカルが手軽に摂取できます。」

そう教えてくださったのは、駒沢女子大学教授・管理栄養士の下橋淳子先生。

・・・ファイトケミカルとは・・・
ファイトケミカルとは、摂取することで
生活習慣病の予防効果や免疫力の向上が期待できる成分のこと。“第七の栄養素”とも言われ、注目が高まっている。赤ワインのポリフェノールや、トマトに含まれるリコピンなど耳にしたことがあるはず。これらも、ファイトケミカルの一種である。

「ファイトケミカルは一般的に、野菜・果物の皮や、皮に近いところにも多く含まれているんですよ。

たとえば、温州みかん。ビタミンCのイメージが強いと思いますが、皮の内側の白い部分には、動脈硬化予防や風邪・花粉症予防に効果的と言われているヘスペリジンも含まれていますし、外側の色の付いた部分には、抗ガン性の高いβ-クリプトキサンチンが豊富なんですよ。
それからかぼちゃ。実だけでなく皮や綿の部分にも、皮膚や粘膜の健康を助け美肌を保つプロビタミンAや、眼精疲労に効くルテインが沢山含まれていますよ。」
寒くなる季節、みかんはスムージーにして風邪予防に子どもと、かぼちゃはポタージュにして毎日忙しい夫と… など食べ方のイメージは膨らむ。

是非習慣にしてほしい、毎日の野菜・果物摂取。

厚生労働省 平成24年国民健康・栄養調査報告

「野菜は毎日食べないと健康に悪いというイメージが浸透してきていますが、果物に関しては まだまだ。 国は1日に200gの果物摂取を推奨していますが、クリアしている方の割合はかなり低いんです。
(※果実摂取量が200g未満の人の割合は全体の79.8%
「平成24年 国民健康・栄養調査」 厚生労働省発表より)

『皮などを剥くのが面倒で食べない』という方もいるようですが、 ハンドブレンダーならその手間が省けますし、皮の分の栄養価もプラスされますので、 一石二鳥と言えます。

忙しくて時間がない朝、何も口に入れずに家を出てしまう方も多いようですが、
ハンドブレンダーなら一気に調理してスムージーを飲んでから出られます。
果物の皮を剥いて噛んで飲み込むよりもずっと手軽ですよね。片付けるのも簡単ですし、 是非、毎日の習慣にしていただきたいと思います。」

下橋 淳子
下橋 淳子 (シモハシ アツコ)
日本女子大学大学院・家政学研究科 食物栄養学専攻修了
駒沢女子大学 人間健康学部 健康栄養学科教授・管理栄養士
平成21年度 (社)全国栄養士養成施設協会会長表彰